【家トレ】胸を鍛えたいなら、まずはここから!


『男らしいカッコいい胸板を手に入れたい…』


でも胸のトレーニングって何やればいいの?


ジムに通う前に、まずは家で自分で鍛えてみたい…


そんなお悩みをお持ちの方いらっしゃいませんか?

 

こんにちは!

パーソナルジムHELPFit代表の埜間元希(のまげんき)と申します!

個室のジムを3店舗経営しつつ、 現在も板橋区を中心にパーソナルトレーナーとして 40名以上の会員様にトレーニングを直接指導させて頂いてます。


今日は僕が、冒頭のお悩みをお持ちの方に向けて、 自宅で胸を鍛えられるトレーニング方法について書きたいと思います。


『実際お家で胸のトレーニングなんて出来るの?』


って思っている方


ご安心ください。できます!


それでは最後までお付き合いください。

 

【目次】

 

【カッコイイ胸を作るために必須の筋肉】

男らしい分厚い胸板を作るためには、大胸筋という筋肉を鍛える必要があります。 大胸筋は、胸部で最も大きい筋肉で、主に肩関節の水平内転という動作で強く働きます。 大胸筋を鍛えることで、

①胸板が厚くなり、カッコイイ上半身を作ることができる ②女性はバストアップも期待できる ③パワー系のスポーツでパフォーマンス向上が期待できる など様々なメリットがあります。

 

【胸の筋肉の鍛え方】

自宅で胸を鍛えるトレーニングで1番オススメなのが、皆さんご存じの腕立て伏せです。

『腕立て伏せって腕のトレーニングじゃないの?』


って思っている方もいるかと思いますが、 腕立て伏せは大胸筋をメインで鍛えることができるトレーニングです。 大胸筋の他には、二の腕の上腕三頭筋や、肩の三角筋も鍛えることができる とても優秀なトレーニングです。

 

【腕立て伏せのポイント】

ベーシックな腕立て伏せを行う時にフォームで注意すべき点は、


①下がったときに前腕が床から見て垂直になるように行う。

②脇の角度が65度~80度程度で行う。

③お尻が落ちすぎたりせず、身体をなるべく真っ直ぐに保ったまま行う。


上記3点を意識して行ってください。


動作に痛みが伴うのは基本的にNGです!

ケガにつながらないように注意して行いましょう。


※女性の方で腕立て伏せできないという方は、 最初は膝をついて行うことで強度を少し落とすことができます。


まずは10回×3セットを目指して頑張ってみてください! 慣れてきたら10回×4セットや12回×3セットのように 少しずつ強度を上げていくと良いでしょう!


それでは、本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。


#成増パーソナルジム

#赤塚パーソナルジム

#和光市パーソナルジム

 

パーソナルジムHELPFit

代表:埜間元希

閲覧数:42回

最新記事

すべて表示